1. TOP
  2. Health-健康
  3. アーユルヴェーダもっと知りたい -万物は5つの元素からできているという考え方-

アーユルヴェーダもっと知りたい -万物は5つの元素からできているという考え方-

アーユルヴェーダの基本の考え方として「この世に存在する万物は全て 5 つの元素で作られてい る」というものがあります。

 

これはパンチャマブーダの概念と言います。

アーユルヴェーダを知る上でこちらの考え方を理解して おくとより理解が深まります。

 

今回はアーユルヴェーダの 5 つの元素について説明 します。

 

アーユルヴェーダの5大元素という概念

アーユルヴェーダでは宇宙も人も同じ。

5 つの元素が組み合わさって構成されていると考えられて います。

 

宇宙も人間も、自然界に存在するものは皆「生成」「変化」「消滅」と繰り返すという 考え方です。

ちょっと平家物語の「盛者必衰の理をあらわす」にも通じるところがありますよね。

 

アーユルヴェーダの5大元素とは?

アーユルヴェーダでいう5大元素とは、「空(アーシュカ」「風(ヴァーユ)」「火(アグニ)」 「水(アパス)」「地(プルッティヴィ)」です。

宇宙はオームと呼ばれる微細振動から始まったと言われています。

 

その振動から大気(空)が生ま れ、動きが加わり風となります。

そして動くことで熱(火)が、そこに重量が加わって水となり、 やがて地ができたのです。

 

このような流れで宇宙の始まりの振動から星が生まれ、やがて自然界 や人間が存在するようになったという考え方です。

 

5大元素はあらゆる物質の基となるので、それぞれの物質の状態を表すこともあります。

・空→エーテル体
・風→ガス
・火→気体

・水→液体
・地→個体

この中でエーテル体という言葉は馴染みがなくわかりにくい概念でしょう。

その振動によって生まれたエネルギーのような、宇宙の始まりからある大気のようなものがエー テル体であると考えているのです。

空から地へと向かうほどに私たち見やすく、触れやすくなっていきます。

 

5大元素の特徴

アーユルヴェーダではそれぞれの元素に特徴的な性質があるとされています。

<空>

空はあまりにも細かで遠い存在で、普段ほとんど意識されることがありません。

「空」というよ りも「大気」と言い表した方がわかりやすいでしょうか。

モノが存在する空間を言います。 そして“軽い・柔らかい・クリア・無限・活動的・拡大”といった性質があります。

 

<風>

例えば、机の上に置かれた1枚の紙。風に吹かれると紙はふわりと飛んでいきますよね。風は動 きの要素と考えられています。

風の性質は“軽い・ドライ・クリア・粗い・冷たい・動く”です。

 

<火>

火は光や熱といった太陽のエネルギーです。

放射のエネルギーという考え方もあって、変化と変形 の力を持っているとも言われています。

火の性質は“軽い・ドライ・鋭い・粗い・熱い・繊細”などの性質があるそうです。

 

<水>

水は冷たくて、液体なので上から下へと流れるエネルギーです。また結合の性質もあります。

水の性質は“重い・柔らかい・なめらか・冷たい・鈍い”などです。

 

<地>

地は1番私たちが触れやすく、実体を認識しやすい元素です。

すべての物質的な源と考えられ、土 の元素があるおかげで、生きていくことができるという考え方がなされています。

地の性質は“重い・固い・濃い・静か・鈍い・個体”といったものになります。

 

アーユルヴェーダの5大元素は五感にも通じている

アーユルヴェーダでは5大元素がいろいろな器官の動きと結びつき、五感に関わっていると考えます。

インプットをする感覚器官とアウトプットをする行為器官とに分かれて、それぞれに各元素 が関わっています。

 

“空”が関わる五感と機能

空が関係している五感は「聴覚」です。音というものは振動によって発生します。

それをエーテル 体(大気)が運んでくれて私たちは聞くことができるのです。

 

インプット器官としては「耳」に関 わっていて、アウトプット器官は「声帯」です。

声帯の振動によって生まれる「声」や「話す」と いった行為にも影響を及ぼすのです。

また私たちのカラダの中には口や鼻、腹腔、消化管などさまざまな空間が存在します。それは空 の元素の表れであるとも言われています。

 

“風”が関わる五感と機能

空気の動き=風が起こって、私たちは触れるということを認識します。

つまり、風が関わる五感は 「触覚」なのです。

そよ風が頬に触れる感覚、人の手がカラダに触れたと感じるときも間にある 空気がそのぬくもりを伝えてくれると考えます。

 

インプット器官は「皮膚」になります。行為器官 は「つかむ」「触れる」ことをする「手」です。

また、風は動きを司るので、人のカラダでは筋肉や心臓の動きなどは風の元素の表れです。

 

“火”が関わる五感と機能

火=太陽や光があるおかげで、私たちはものを見ることができるのです。火の元素が司る五感は 視覚」です。

インプット器官であれば「目」、アウトプット器官は「足」で、「動く」という行 為に関係します。

 

また、カラダにおいて火のエネルギーの元になるのは代謝です。代謝によって熱を発します。

消化 器官は火の元素も深く関わっていて、視力以外にも体温や消化から思考まで、火の働きと考えられ ています。

 

体内の代謝と酵素は火の元素との結びつきが強いのです。

 

“水”の五感と機能

水の元素が関係している五感は「味覚」です。私たちは食物を口に入れることで栄養を取り、「舌」という器官を使って味わいます。

 

そして水は生命の誕生には欠かせない元素であり、アウト プット器官は「生殖器」で出産にも関わっています。 水は流れるものです。

人間のカラダでは血液や消化液、リンパの流れにも関係していますが、すべ ての組織、体内の臓器などの活動に水は欠かせないものですね。

 

“地”の五感と機能

最後に、地の元素が関係している五感は「嗅覚」になります。インプット器官は「鼻」ですね。

また火の元素が強く関係している消化によって残るものは、火に燃やされて地に帰ります。

 

ですので、地は「排泄」にも関係していて、アウトプット器官は「肛門」になります。

そして地は生命の あるもの、ないものもすべて、物質を形成するものです。

体内では硬い組織や構造物が地の影響を 受けることになります。骨や筋肉、爪や毛なども地の元素が関係して作られていると考えられてい ます。

 

5大元素は人の一生にも関係している

このように、アーユルヴェーダでは5大元素がさまざまなところで出てくる、基本の考え方になります。

人のカラダにも関係しているということは……当然、人の一生にもこの5大元素が関わっ ているのです。

 

赤ちゃんはママのお腹の中で五感が形成されていく

面白いことに、宇宙から生命が誕生していく順番と同じように、赤ちゃんの五感もママのお腹の 中で順番に作られていくのです。

赤ちゃんは、20週目くらいで、まず「聴覚」が発達してきます。

 

ママの心音や血液の流れる音、 話しかけるこえなどが聞こえるようになるのです。

ですから、よく胎教として、クラシック音楽を お腹にいる赤ちゃんのためにかけるという話を聞きますが、赤ちゃんはちゃんと聞こえているのです。

 

24〜25週くらいでママの体温のぬくもりを、26週で痛みを感じるようになります。

「触 覚」ですね。 そして少し前後しますが、20週目後半から、まだ網膜はできていないものの、光を感知するよ うになります。

28週になると甘味と苦味がわかるようになっていくそうです。

 

このように順番に発達していきながらそれぞれの五感が互いに作用しあって、ママの声を聞き分 けたり、ママの感情や動作、

食べるものなどもお腹の中で感じて育っていくのです。人の誕生と 宇宙の誕生が関係しているなんて、なんだか神秘的ですね。

 

去りゆく時は逆の順番で年月を重ね、私たちが再び地へと帰って行くときは赤ちゃんが五感を発達した順番とは逆に感覚を失っていくと言われています。

 

つまり、「嗅覚」→「味覚」→「視覚」→「触覚」→「聴覚」の順です。

年をとって、体が動かなくなり、食べ物を味わうことができなくなっても触覚と聴覚だけは最後 の方まで残っているそうです。

ご臨終間際に、手を握ってあげたり、最後まで声をかけてあげる のは、ちゃんと伝わっているのです。

 

基本の5代元素を理解して

少しは5大元素について理解できましたか? 5大元素はアーユルヴェーダの考え方の基本の一つ ですが、

1 つの元素だけではなく、これら 5 つの元素が密接に関係して、人の身体の体質にも五感 にも影響してきます。

 

よく人の体質で語られる、3 つのドーシャ、「ヴァータ」「ピッタ」「カッ パ」も5大元素についてわかっていれば、

より理解を深められるでしょう。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • 世界3代伝統医学の1つアーユルヴェーダとは?日常にデトックスと癒しをとりいれるには?

  • 知覚過敏で歯がしみる…この歯磨き粉でピタッと歯痛が止みました。

  • アーユルヴェーダのドーシャを知りたい -カラダに働きかけるエネルギー「ドーシャ」とは-

  • 【腰痛歴20年の結論】湿布薬(シップ)なら剥れにくいパテックスがおすすめ。

  • 【眼科も見落とす】使い捨てコンタクトで目が充血…洗浄液(せんじょうえき)が原因でした。