1. TOP
  2. UVcare-紫外線対策
  3. オーガニック日焼け止め♡身体に優しい日焼け止めを使いたい人へ

オーガニック日焼け止め♡身体に優しい日焼け止めを使いたい人へ

最近では、肌や身体にいい化粧品を使いたいという需要が高く、

オーガニック化粧品などを愛用する女子も少なくありません。

 

日焼け止めなどの季節もののアイテムでも、数多くのオーガニック製品が販売しています。

 

とくに、赤ちゃんと触れ合う機会が多いママさんは、

自分のお肌もそうですが、赤ちゃんの肌へのダメージも気になるはず。

どうせなら赤ちゃんも使える低刺激な日焼け止めを使いたいですね。

 

今回はオーガニック日焼け止めについて、ご紹介します!

 

オーガニックの認定基準って?

そもそも、オーガニック化粧品とはどのようなものを指しているのでしょうか。

 

日本には、「日本オーガニックコスメ協会」という団体がありますが、

オーガニックコスメの歴史が浅いこともあってか、まだしっかりとした基準は設けられていないようです。

 

日本オーガニックコスメ協会は日本でオーガニック原料があまり作られていないことから、

もっとオーガニックコスメを広めようと、「ナチュラルコスメ」と「オーガニックコスメ」の

2つの広報的な活動を主としています。

 

この2つの違いは以下の通り。

 

・ナチュラルコスメ:天然成分についての基準

・オーガニックコスメ:オーガニック原料についての基準

 

こちらの協会では、安心できる化粧品とは“ナチュラルコスメとしての基準を100%満たしており、

なおかつオーガニック原料を使用しているものであるべき”としています。

 

ただ、現状ではオーガニック原料を使用しているけど、

後から合成成分を加えた化粧品などもオーガニック化粧品として認定されてしまっていることもあり、

まだまだ日本はオーガニックコスメ発展途上国と言えそうですね。

 

海外のオーガニックコスメ

日本とは違って、海外ではいくつかのオーガニックコスメの認定基準がしっかりと決められています。

とはいえ、団体によってかなり違いがあり、世界共通の基準と呼べるようなものはまだないようです。

 

「オーガニックコスメとして認められている化粧品ではまったく合成成分を使用していない。」

 

このように思っている方が多いのですが、

実際のところは、合成成分をどこまで許容するかという値がそれぞれの団体で決まっており、

合成成分をまったく認めていないわけではないのです。

 

オーガニックコスメであっても、界面活性剤が含まれている製品はたくさんあります。

気になる方は、製品に記載されている成分表をチェックするようにしましょう!

 

ただし、界面活性効果のある成分を使用する場合、

石油原料などの工業系ではなく、なるべく天然に近い安全性の高いものを選ぶメーカーがほとんど。

 

オーガニックコスメで使用される成分としては、石鹸や大豆などからとれるレシチンが代表的です。

 

またヨーロッパでは石鹸はあまり使用されず、

ほとんどのメーカーが植物原料を主とした界面活性剤を使用しているようです。

 

オーガニックコスメであっても、界面活性剤が含まれている製品はたくさんあります。

 

オーガニックコスメの選び方

オーガニックコスメの線引きがはっきりと決まっていないため、化粧品を選ぶときにも何を判断基準にすればいいか迷ってしまいますよね。

 

チェックすべきポイントとしては以下の2つがあります。

 

・オーガニック成分配合率がはっきり書いていて、なおかつ配合率が高い。(95%以上が目安)

 

・オーガニック認証機関からの認証をうけている。

 

オーガニック成分を多く使用しているということは、それだけ安全性が高いということ。

配合率95%以上の高い数値のものを選ぶようにしましょう。

 

オーガニック認証機関としては、「NaTrue」や「ECOCERT(エコサート)」などが有名です。

これらは、独自の認定基準を設けています。認証を受けている化粧品はその分、信頼性が高いと判断できるでしょう。

 

ただし、認定までにかなりの時間がかかるうえ、費用も高いので、

歴史あるオーガニックコスメブランドでも認証を受けていないということもあります。

 

オーガニック日焼け止めを使うことのメリット

オーガニック日焼け止めを使うことのメリットは、1番は、“肌への刺激が少ない”ということでしょう。

 

日焼け止めは、製品によって「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱材」と呼ばれる成分のどちらかを使用しています。

この2つの違いは以下のとおり。

 

・紫外線吸収剤:

科学的な仕組みによって紫外線のエネルギーを吸収し、別のエネルギーへと変換することで紫外線が皮膚の細胞に侵入するのを防ぐ。

(化学物質の一種)

 

・紫外線散乱材:

散乱材(パウダー)を皮膚の表面に均一に塗ることで、物理的に紫外線を反射、散乱させて紫外線の影響を防ぐ。

(化学物質ではない)

 

紫外線吸収剤は、ケミカルな成分であり、その分肌へも負担がかかります。

肌荒れやかぶれの可能性が高いのもこの成分。

 

一方、

紫外線散乱材は、ノンケミカルな成分であり、肌への負担が少なく、

デリケートな肌質の人や赤ちゃんでも安心して使用できるのです。

 

紫外線吸収剤を使用していても、特に問題ないという人でも、

体調がすぐれなかったり、生理前の敏感な時期には、いつもより刺激を強く感じることもあるでしょう。

 

日焼け止めは毎日使うものですから、肌への負担はなるべく少ない方がいいですよね。

 

人気のオーガニック日焼け止めには、コレが含まれている。

オーガニック日焼け止めを選ぶ場合には、配合されている成分に着目してみましょう。

オーガニックとして有名な成分は、以下のようなものがあります。

 

・保湿成分

シアバター、マカダミアンナッツオイル、ヒアルロン酸など

 

・紫外線ケア成分

ローズウォーター、アロエエキス、カモミールエキスなど

 

では、実際に人気のオーガニック日焼け止めをご紹介します!

・【ニベアサン】プロテクトウォーターミルク マイルド

ノンアルコール、紫外線吸収剤不使用で、敏感肌の人も使用できる商品。

ミルクタイプなので伸びがよく、肌への負担も少なくなっています。ニベアシリーズならではの高い保湿効果も期待できます。

 

http://www.nivea.co.jp/Products/Sun-Care/Protect_Mild_Milk_SPF-50+

 

・【シンシアガーデン】UVケアミルク アロマイン

小さなお子様を持つママに人気の「ママバター」シリーズの日焼け止め。

皮膚科医による皮膚刺激性テスト・アレルギーテスト実施済みで、紫外線吸収剤、合成香料、合成着色料、鉱物湯、パラベン不使用の無添加処方となっています。

 

http://sincere-garden.jp/SHOP/4560278234133.html

 

・【Sinn Purete(シン・ピュルテ)】パーフェクトUVクリームN

アルガンオイル配合の、保湿力も高い日焼け止めです。

みずみずしい付け心地で、肌色を明るく補正し、毛穴や色ムラもカバーしてくれるため、化粧下地としても優秀。100%天然由来成分で「エコサート認証」を取得している信頼性の高いオーガニックコスメです。

 

http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-4572

 

・【WELEDA(ヴェレダ)】エーデルワイス UVプロテクト

日本でも人気の高いオーガニックコスメブランド・WELEDAのUVケア商品。

海外ブランドですが、こちらのシリーズは日本限定の商品となっているため、日本人の肌質を考えた成分配合となっています。肌を引き締め、キメを整える効果もあり、化粧下地としても使用可能。

赤ちゃんと一緒に利用できるので、ママさんにもおすすめです。

 

https://www.weleda.jp/shopping/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2/WELEDA/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%B9-UV%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88/2_245.action

 

・【ジョンマスターオーガニック】ナチュラルMサンスクリーン

乳液のようなテクスチャーで軽い使用感は人気の日焼け止めです。

べたつかず伸びがいいのに、しっとりと潤ってくれるため、日焼け止めを塗っているというよりもスキンケアをしている感じ。オーガニックコスメ初心者でも挑戦しやすい使い心地です。

 

http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-58?dispNo=001001003010

 

品質だけじゃない、こだわりいっぱいのオーガニック日焼け止め

おすすめ商品を見てみると、どれも可愛らしいパッケージでつい欲しくなっちゃう見た目。

品質がいいのはもちろんですが、

デザインにまでそれぞれのメーカーのこだわりを感じられるのもオーガニックコスメの良いところですね♡

 

使い心地や香りなども日々進化していて、

今ではケミカルな化粧品よりも美容効果が高い商品も少なくありません。

 

オーガニックコスメ初心者の方も、手軽に挑戦できる日焼け止めから試してみたらいかがでしょうか★

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • 【日焼け止め】SPFは同じでもお値段が高い<安い>の違いは?

  • 「ソラレン(Psoralen)」を含む食べ物に要注意。朝に果物はNG?

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • プールでメイクや日焼け止めどうしたらいい?マナー遵守の対策9選

  • 2018年版【5分でわかる飲む日焼け止め】効果は?副作用や危険はない?

  • 老化の原因の8割が【光老化】?深いシワやたるみを防ぐ紫外線対策とは。