1. TOP
  2. Beauty-美容
  3. 潤うコットンパックのやり方。タイミング・頻度・コットンの選び方。

潤うコットンパックのやり方。タイミング・頻度・コットンの選び方。

 

aebec8613aaa5a9ef10d31164e8654ea_s

「はぁ、お肌の調子がなんだかイマイチ!」
パサパサ乾燥していて毛穴が目立つ、、くすみでトーンダウンしていたり…。

・・・そんな時の秘策として、手軽に試せてお肌のうるおいを取り戻せる、効果絶大のコットンパックを導入してみてはいかがでしょう。

こちらではコットンパックの正しいやり方、タイミング、頻度、コットンの選び方などをお伝えさせていただきます!

実は、コットンパックは、本当にお肌にダイレクトに効果があるので、ちゃんとやっている方と、そうでない方で差が出てしまうところがある、もろ刃のケア。

つまり、間違ったやり方でコットンパックをした場合、パックをしたことで逆に劣化してしまったと逆効果となる危険があります。

あくまで目的は「お肌に潤いを取り戻すこと」。劣化しては本末転倒になってしまいます。

コットンパック正しいやり方のおさらいに、こちらをぜひご参考くださいね★

 

 

30代を境目に、お肌は20代までとは明らかに違う状況

hurua
出典: 辺見えみりプロデュース 高濃度美容液フルアグレフエッセンス

20代の頃は、スキンケアをサボっていても大丈夫だったという人も、年齢を重ねるなかで、お手入れの違いが肌にダイレクトに影響することを実感しているのではないでしょうか。

それもそのはず、30代以降の肌は、20代までとは明らかに違う状況に置かれています。最も影響が大きいのが、肌の健康のバロメーターとも言える水分と油分の量とバランスです。

悲しいことに肌の水分量は、生まれた時をピークとして、年齢が上がるにつれ減り続けています。

そして、「肌の油分」つまり皮脂の量。肌の水分量が成長するにつれて減り続けているのに対し、皮脂の分泌量のピークは30歳と言われています。

つまり30代以降の肌は、水分だけでなく、皮脂の量も激減しています。皮脂の量が減るということは、肌の水分を保持する力が衰えるということ。30代以降こそ、十分な水分補給と、与えた水分を護る保護のお手入れが大切ということになりますね。

コットンパックは、そんな30代、40代の肌に、まずはたっぷりの水分を補給するためのステップです。

 

毎日の暮らしの中に潜むお肌の要注意事項

上にあげた「皮脂量の低下」だけでなく、社会的な責任が重くなる30代以降の女性の毎日には、肌トラブルの原因となる落とし穴がたくさん隠れています。仕事上の責任の重さ、さらに子育ての大変さなどに加え、加齢による身体の変化も感じるようになるでしょう。「要注意事項」をおさらいしてみたいと思います。

睡眠不足が全てを台無しに。

「睡眠不足は肌の大敵」と言われますが、これは本当。

肌の生まれ変わりの仕組み、ターンオーバーが機能するために必要な成長ホルモンは、寝入ってから3時間ほどの間に一番多く分泌されます。

安定した睡眠がとれていない人は、肌を育てられていないのかも。

 

蓄積する疲労。思わぬな場所にも疲労が・・

身体全体の疲れや、精神的な疲れの影響はもちろんですが、見逃せないのが眼精疲労。

オフィスでパソコンの前に座ったまま、通勤時間もスマホの画面を見続けている…そんな方は、眼の周囲の筋肉が凝り固まり、肌への栄養が届きづらい状態になっているかもしれません。

 

ホルモンバランスの変化を舐めてはいけない。

肌の若さや美しさを保ってくれる女性ホルモン、エストロゲン。

その分泌量は35歳から37歳くらいから低下していくといわれていますが、忙しい現代社会においては、それより前、30代前半から減少するケースも多く見られるのだとか。お肌の不調の原因は、もしかすると女性ホルモンの低下が原因かもしれません。

 

ストレスがじわじわあなたを蝕む。

ストレスを受けると血管がギュッと凝集するため、血流が滞ることで発生する活性酸素が発生します。

この活性酸素、細胞を傷つけたり炎症を起こすなど肌にとっては厄介な存在。何かとストレスを感じることの多い30代、40代にとっては注意が必要です。

 

ダメ押し!オフィスの空調がさらにお肌をパリパリに。

つい見逃しがちですが、1日の大半を過ごすオフィスの空調も、肌に大きな影響を与えています。

秋から冬には暖房をかけることで、パッと見では、潤っていそうな夏の肌も空調によって、室内の空気は思いのほか乾燥してます。冷気による血行不良も要注意です。

こうして見ると、30代以降の肌が、いかに過酷な環境に置かれていることがわかります

大きな負担がかかっている状況だからこそ、お手入れには細心の注意を図りたいものですね。

 

正しいコットンパックで10分でもちもち肌に!

多忙な毎日の中で、高価格なエステに行ったり、その都度マッサージ受けたりは難しいかもしれません。また、シートマスクやパック剤、フェイスマスクを使うよりも、コットンパックは手間も少なく低コスト。

1日数分、肌にコットンを貼りつけるだけの「コットンパック」はコスパも高くおすすめです。

さっそく、正しい手順、コットンの選び方などをマスターして、さっそく今日からスタートしてみてください!

 

コットンパックって何が必要?

必要なものは3つだけ。

・コットン

・水

・化粧水

水は水道水で構いません。ミネラルウォーターも大丈夫です。

敏感肌で水道水に含まれる塩素さえが刺激になるという方は、コンタクトレンズの洗浄に使用するような精製水を使ってもいいです。

 

コットンパックの正しいやり方。

準備が出来たらさっそくトライ!やり方はカンタン5ステップです。

①コットンを水に浸します。
コットンに水をたっぷり含ませた後、両方の手のひらでキュッと挟んで余分な水分を落とします。ここで強く握るなどして水分を絞り過ぎないように注意しましょう。

 

②化粧水をたっぷり含ませます。
すでに水分を含んだコットンに、ヒタヒタになるほど化粧水を含ませます。もったいないかなと化粧水をケチらず、とにかくたっぷり!がポイントです。

 

③コットンを数枚に割きます。
厚さが均等になるように。簡単なコットンパックのプロセスの中で、ちょっぴり面倒があるとすればここだけかも。

 

④額、両頬、鼻、あごなどにコットンを貼りつけます。
コットンの両端を軽く引っ張りながら丁寧に貼ると、肌に密着しやすいですよ。

 

⑤そのまま数分間
化粧水の種類によって時間は違ってきますが、さっぱりめの化粧水なら2分程度。こっくりしたタイプの化粧水でも5分以上は放置しないようにしましょう。この後、通常のお手入れをしてください。

 

この後、いつも通りのお手入れをしてください。

①②③④⑤までが基本的なやり方です。こちらを踏まえて続けてみて、慣れてきたらご自身のお肌に合ったやり方も楽しんで工夫してみてくださいね。

 

コットンや化粧水はどんなものが最適?何を基準に選ぶ?

コットンや化粧水はどのようなものを用意すれば良いのでしょうか。アイテムごとに簡単にご案内します。

【コットン】


コットンパックに使うコットンは、水分を浸透しやすくするため、1枚を数層に割いて使います。

はがしやすいよう、周囲にプレス加工をしていないものを選びましょう。また、顔を覆うように貼りつけたいので、なるべく大判のものが便利です。

現在では『コットンパック用のコットン』も販売されていますので、そういったものを選ぶのも一案ですね。

あとは、お肌に優しいオーガニックコットンがいいというご意見もありますが、オーガニックの方がより良いかもしれませんが、肌身離さずずっとつけているものはないですので、いづれも大丈夫です。

 

【化粧水】


コットンパックに使う化粧水は、特に高級なものである必要はありません。

コットンパックは別名ローションパック。コットンにたっぷり含ませることが大切なので、惜しげなく使えるものをチョイスしましょう。

もちろん、プチプラ化粧水で十分です。

最近では、天然由来の保湿成分のハトムギ化粧水や、どくだみ、ヘチマ水。あとは保湿力が高いと言われる日本酒化粧水を使っている方もおられるようです。

ちなみに炭酸水も良いといっている人もいますが効果は定かではないです。

 

コットンパック、どのタイミングでやる?頻度は?

 

コットンパックのタイミングですが、洗顔後すぐに行いましょう。

頻度はできれば毎日がオススメなのですが、とにかく週1回でも続けることが大切。

お風呂に入るタイミングで、「クレンジング→洗顔→コットンパック」を続けて行うなど、入浴中の時間を有効活用して習慣にできるまでちょっと頑張って続けてみるのもいいですね。

 

コットンパック後は、しっかり油分を補って!

 

コットンパックを終えたら、乳液やクリームで「蓋」をしてあげましょう。

コットンパックをすると、肌がしっとり潤う実感がありますので、お手入れはここで終了!という気持ちも湧いてくるかもしれませんが、気をぬくのはもう少し後で。

冒頭でお伝えしたように、お肌には「水分と油分」が欠かせません。

コットンパックが担当するのは水分の補給まで。ここから油分の補充が必要です。

日頃、美容液を使っている方は、もちろんそのステップも忘れずに。

これでお肌のキメも整いお肌のバリア機能も回復し保水力が増すことで、お肌の状態はとても良い状態になります。

 

せっかくの効果も台無し!コットンパックの注意点 ←ここが大事です!

乾燥対策やメリットがたくさんあるコットンパックですが、やり方によっては肌に逆効果になることもあるので注意が必要です。

特にやってしまいがちなのは、「長時間の放置」

「せっかく準備したのだからできるだけ長い時間をかけて、肌に成分を浸透させたい」そんな気持ちもわかりますが、これはNGです。

時間が経ってコットンが乾燥し始めると、肌が吸収した水分を、今度はコットンが吸い取ろうとし始めます。コットンの水分が外気に触れている部分から蒸発しはじめるからです。

その際、肌が元々保持していた水分までもが吸い取られてしまうのです。これでは、何のためにコットンパックをしたのかわかりませんね。

上記の使い方に記載したように、化粧水の種類にもよりますが「長くて5分間」と覚えておきましょう。

ちなみに面倒でなければ、乾燥対策としてラップで密封するのも1つの方法です。

加えて、化粧水の成分に、<アルコール>や<エタノール>が含まれるものを、コットンパックで使うのは避けた方が無難です。化粧水自体の蒸発が早いため、より水分が奪われてしまう可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。30代、40代の女性の肌にとって、多忙な日々は過酷な試練の連続。

そんなお肌を10分でモチモチのお肌にリセットできるコットンパックの正しい方法や注意点などをお伝えしました。

1日数分のコットンパックで、肌疲れを翌日に持ち越さずにリセットできるコットンパック。毎日のお手入れに気軽に取り入れられ、なおかつリラックス効果も期待できます。

ただ、肌荒れやニキビ、吹き出物など、お肌トラブルが出ているときは落ち着くまで控えるなど注意してください。

日焼けの直後などもお肌はデリケートになっているので、できればコットンパックは避けた方が良いかもしれません。

ぜひ、毎日の積み重ねで、「まるで20代」と驚かれるぷるぷる肌を手にしてください!

 

PS.

コットンパックにもおすすめ 辺見えみりさんプロデュースの高濃度美容液。(PR)

 

これまで高級エステのみ提供されていた、1g(グラム)あたり3,000万円とも言われる、

希少成分プロテオグリカンを配合した高濃度美容液。

 

さらに胡蝶蘭エキスを加わり、

水分に加えて、油分も補足するエイジングケアを実現しています。

 

辺見えみりさんが、『自分が欲しい。これなら本気でケアできる。』

というその想いをカタチにした、

 

現時点の市販品で実現できる、最高レベルの美容液 として、自信を持って紹介しています。

4261
辺見えみりプロデュース 高濃度美容液フルアグレフエッセンス
※ こちらの初回650円 でお試しキャンペーンは、希少成分を豊富に配合した美容液のため提供数に限りがございます。会員様が一定数集まった時点で終了となる可能性がございます。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • 身近な物でシミ消しする方法。顔のシミを消す効果のある食材ってあるの?

  • ゴジベリー(クコの実)の効能・効果的な食べ方は?ミランダカー・マドンナのお墨付きスーパーフード★

  • ココナッツ・ヨーグルトの効能。シミやシワ予防にも効果的?

  • 乾燥肌のスキンケア対策!正しいケアでお肌の潤いを保つには?

  • チョコレートの驚くべき美容への効果と効能。罪悪感はもう要らない!

  • 美肌スキンケアの基本のキ。失敗しない毎日の基礎洗顔とは?