1. TOP
  2. Diet-ダイエット
  3. ファスティングでダイエットしたい★短期集中の内からキレイになる方法

ファスティングでダイエットしたい★短期集中の内からキレイになる方法

海外セレブや芸能人などがおこなっているダイエット法として人気のファスティング。

 

運動なしでも短期間でのダイエット効果が見込めるので、

特別なイベントやデート前にパッと挑戦する!なんて女性も多いようです。

 

とはいえ、ファスティングはきちんとした方法で行うと、

準備期間と回復期間が必要になります。

 

そうすると、

トータルで1週間は、食事内容に制限を受けることになります。

 

外食や飲み会の多い働く女性には、ちょっととっつきにくく感じてしまいますよね。

 

でも、そんな食生活が乱れがちな女性にほど、試してもらいたいのがファスティングです。

 

なぜなら、ファスティングのダイエット効果は、

断食するからだけではなく、

 

内臓の疲労をとり機能を回復させることによる代謝の変化、

そして毒素が排出されることによるデトックス効果によるものだからです。

 

そのため、ダイエット効果だけでなく、

疲労感や疲れに悩む女性にとっても、カラダが軽くなった!寝起きがよくなった!など

カラダにとっても絶大な良い変化が見込めるためです。

 

身体の中からキレイを目指せるファスティングは、食生活の改善のチャンスでもあります。

 

今回はそんなファスティングダイエットについてご紹介します。

 

ファスティングとは?

ファスティングとは「断食」を意味します。

 

食事を食べない代わりに、

酵素ドリンクやグリーンスムージーを摂取するのが、ファスティングダイエットの基本です。

 

ファスティングはリバウンドしやすい?

 

でも、食べないダイエットはリバウンドしやすかったり、

そもそも食事を摂らないこと自体が健康に悪いのではといイメージが

あるようにも言われています。

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

じつは、ファスティングはただ“食べない”というわけではないです。

 

ファスティングダイエットの本当の目的は、

消化・吸収で疲れてしまった内臓を休ませることで、代謝を上げ、

身体の中から元気を回復すること。

 

身体の細胞が元気になることで、

脂肪を燃焼させたり老廃物を排出する力を高めることが真の意味なのです。

 

ファスティングダイエットのポイントは5つ。

この5つを守ることでファスティングの効果が高まり、

リバウンドの予防にもなります。

 

 

・ファスティング前は準備期間を設ける

・固形物を一切摂らない

・断食期間は最長でも6日間

・ファスティング後は回復期間を設ける

・断食期間に応じた運動を取り入れる

 

ファスティングの正しい方法

ファスティングダイエットは、

「準備期間」「ファスティング期間」「回復期間」の3つから構成されています。

 

間違った方法でファスティングをしてしまうと、

思ったような効果が得られなかったり逆に太ってしまうということも。

 

ファスティングダイエットの正しい方法を学びましょう!

 

準備期間

準備期間はファスティングをおこなう日数よりも長くとります。

 

例えば、ファスティングを3日おこなう場合には準備期間は3日以上、

5日おこなうのであれば5日以上は設けるようにしましょう。

 

とくに外食が多かったり食事が偏りがちな人は、

準備期間を多くとるようにしてください。

 

準備期間をしっかりと設けることがファスティング成功のカギとも言えます。

 

また、準備期間では胃腸を整えることが大切。

内臓に負担の少ない純和食中心のメニューにして腹7~8分目をこころがけましょう。

 

また、間食やアルコール、カフェインの摂取は控え、1日3食決まった時間にとってください。

 

夕食は寝る3時間前、20時までには終えるようにしましょう。

 

食事のキーワードは「まごわやさしい」。

ま・・・まめ:大豆、小豆など

ご・・・ごま:ごま、ナッツ、クルミなど

わ・・・わかめ:海藻類

や・・・やさい:緑黄色野菜、果物など

さ・・・さかな:魚類

し・・・しいたけ:きのこ類

い・・・いも:じゃがいも、さつまいもなど

 

肉類や乳製品などは摂取せず、できれば外食も控えましょう。

 

ファスティング期間

ファスティング中は、

酵素ドリンクグリーンスムージーのみを口にします。

 

この際に、精製された砂糖や化学成分の入ったものを口にしないこと。

グリーンスムージーなどは自分で手作りするのもいいですね。

 

また、代謝を高めるために、体を温めてあげることも大切です。

飲み物は白湯やノンカフェインのハーブティーなど、温かいものにしましょう。

 

決して無理はせず、

基本的にはリラックスした状態で過ごすようにしてくださいね。

 

回復期間

ファスティング期間が終了したら、徐々に食事を摂取していきます。

 

固形物を摂取していない時間が長いため、

急に普通の食事に戻してしまうと内臓への負担が大きくなってしまいます。

 

まずはお粥をさらにドロドロにした状態(重湯)のものからスタートし、

少しずつお米の形を固形にしていきます。

 

1日目の朝は重湯からはじめ、2日目の夜には具無しの味噌汁が飲めるように。

 

準備期間と同様に、食品添加物やアルコール、カフェインといった、

刺激の強いものは控えてください。

 

回復期間はファスティング期間と同じ~2倍程度必要になります。

 

ファスティングが3日であれば3日~6日、

回復期間が長ければ長いほどダイエットの効果も高まりますよ。

 

運動も取り入れて、さらに効果倍増!

ファスティング中に運動も取り入れるのもおすすめです。

 

ファスティング中は食事制限をしているため、

どうしても筋肉が小さくなっていくことがあります。

 

ファスティング中に筋肉が衰えないようにしてあげることも、

ダイエット効果を高めるにはとても重要な要素です。

 

ただし、無理な運動は禁物。

ファスティング期間に合わせて、適した運動をするようにしましょう。

 

1日ファスティングの場合

1日のみのファスティングの場合、通常通り運動をおこなってOK。

とくに筋肉トレーニングを多めに取り入れてあげましょう。

 

3日ファスティングの場合

3日間おこなう場合には筋トレなどはおこなわず、

有酸素運動を積極的に取り入れるのが効果的。

 

ファスティング期間中は糖質をあまり摂取しないため、

筋トレによって低血糖を引き起こしてしまう危険があります。

 

また、筋肉を成長させるほどのたんぱく質も摂取しませんので、

筋トレをしてもあまり意味がないでしょう。

 

ウォーイングやジョギングなどがおすすめです。

 

運動の際にはこまめに水分補給をすることも忘れずに!

 

6日ファスティング

医師などに相談の上、きちんとした酵素ドリンクを使用すれば、

最長で6日間までファスティングをおこなうことができます。

 

ただし、6日間も食事を摂取しないため、身体に与える変化もかなり大きなものに。

 

できるだけリラックスした状態でのんびりと過ごす必要があります。

 

運動も、ストレッチやヨガなど、

リフレッシュ効果のあるものを取り入れるようにしましょう。

 

血流を良くして、代謝を向上させたりデトックスを促すことが目的ですので、

決して無理をせず、休み休みおこなってくださいね。

 

 

補足:ファスティングをしてるときのカラダの中。

ファスティングをおこなうことで、

私たちの身体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか?

 

ファスティング期間は、

酵素ドリンクやグリーンスムージーで必要最低限の栄養を摂取します。

 

通常の食事と比べると摂取カロリーがかなり少なくなるため、

血糖値が低い状態が続くことが予想されますよね。

 

私たちは血糖値が低い状態が続くと身体が飢餓状態にあると判断し、

体内に蓄えられているエネルギー「グリコーゲン」を消費して活動をするようになります。

 

さらに飢餓状態が続くことで、さらに糖の消費を抑えようと、

インスリンを分泌して筋肉への糖の供給を抑制。

 

筋肉自体が衰えてしまうため基礎代謝も下がります。

 

この筋肉自体が衰えることが、

リバウンドしてしまう原因の1つと言われています。

 

さらに飢餓状態が続くと、

体内に蓄積された脂肪を肝臓がケトン体という物質に分解し、エネルギーとして利用するように。

 

糖質制限ダイエットは、このケトン体の働きを利用してダイエットをするというものです。

 

短期間のファスティングはリバウンドしやすい?

ファスティング期間中も上記のような仕組みは同じ。

では、短期間のファスティングはリバウンドしてしまうのでは・・・と、

不安になりますよね。

 

ファスティングがリバウンドしにくいと言われているのは、

断食の後に回復期間を設けているからです。

 

回復期間では、消化に良いおかゆを少量から食べ始め、徐々に通常の食事へと戻していきます。

 

一気に通常の食事を摂取してしまうと、体の中で糖の消費が抑制された状態のため、

余った糖は脂肪へと変わってしまいます。

 

ファスティング後の回復期間に糖の摂取を少しずつ増やしていくことで、

糖が体内で余りにくい状態にしてあげることができるんですね。

 

さらに、ファスティングによって内臓の機能が上がりデトックス効果も。

 

身体にたまっていた毒素を排出することで痩せやすい身体へと変わっていきます。

 

内臓の機能が向上することで、

ケトン体の生成が活発化するというメリットもありますよ!

 

ファスティングダイエット=体のリセット

ファスティングダイエットは食事制限は行いますが、

あくまでも目的は、内臓を休め、代謝を向上させたりデトックスすること。

 

暴飲暴食しがちや人や飲み会、外食続きな人にこそファスティングはおすすめです。

ファスティングを行うとカラダが軽くなってとても調子がよくなった!という方も多いようです。

 

食生活を見直す機会にもなりますので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • 低炭水化物ダイエットでやせ体質に。話題のケトダイエットとは?

  • 話題のMCTオイルとは?なぜダイエットに効果的?危険・副作用はない?

  • 『デブ菌』という痩せた人をも太らせる腸内細菌とは?

  • ダイエットが継続できる5つのコツ。どうしたら嫌でもずっと努力できる?

  • 体脂肪率の平均値って?2018’効率的にダイエットしたい方へ

  • 芸能人のダイエット法まとめ★憧れのスタイルに近づく!?女優やモデルが自薦する方法とは?