1. TOP
  2. living-暮らし
  3. 2018’ひな人形はいつから飾ればいい?慣習やその意味は?

2018’ひな人形はいつから飾ればいい?慣習やその意味は?

女の子のご家庭に飾られるひな人形。

古くから「雛人形を片付けるのが遅れると嫁に行き遅れる」という説もありますが、

 

同様に気になるのは「飾り始めるのに良いタイミングはいつ?」ということ。

 

こちらでは、ひな人形をいつから飾れば良いのか?

そして2018年の最適なのはいつか?その最新の情報をお届けします。

 

 2018年ひな人形をいつから飾るべきか?

2018年は、いつからひな人形を飾るとよいのか。

 

具体的な日付を挙げると、

 

◆2/4(立春)

◆2/9・15・20・26(大安)

◆2/19~2/24(雨水)

これらの日付が、ひな人形を飾るのに良い時期とされています。

 

ちなみに、ひな祭りの前日に飾るのは「一夜飾り」と言って縁起が悪いので避けた方が良いです。

 

また、時間帯にも良いとされるものがあります。

例えば、

友引は、午前11時(11:00 am)-午後1時(13:00 pm)を除いた時間帯が吉とされます。

先負なら、午後(pm)の時間帯が吉と言われています。

 

立春・雨水って何? なぜ、この日に飾ると良いの?

立春(りっしゅん)と雨水(うすい)は、二十四節気(にじゅうしせっき・にじゅうしき)の1つです。

昔の人は、太陽の動きに合わせて季節を24に分け、それぞれの時期に名前をつけました。

これを二十四節気と言います。

 

例えば、冬至・春分・秋分などは、皆さんもご存知かと思います。

このように季節の1つひとつに意味があり、縁起の良し悪しも変わってきます。

 

◆立春(りっしゅん)

旧暦の暦上で、「この日から春が始まる」とされている日です。節分の翌日など2月の第一週に訪れますが、【立春=太陽の黄経が315℃の日】のため毎年日付が変わります。2018年だと2/4が立春です。そしてひな祭りは春の行事のため、春という季節を祝うといった意味合いでも、立春に飾るのが良いという説があります。

 

◆雨水(うすい)

節分の次に訪れる時期で、季節が本格的に春に向かっていく節目とされています。「雪が溶けて雨に変わり、暖かくなっていく」という意味から、“雨水”と呼ばれているとのことです。この時期にひな人形を飾り始めると、「娘が将来良縁に恵まれる」という説があります。こちらは太陽黄経が330℃の日のため、立春と同じく毎年日付が変わります。2018年だと2/19~3/6です。一般的には節分の翌日から2月中旬、遅くてもひな祭りの始まる1週間前までに飾るのが望ましいので、2/24までには飾るようにしましょう。

 

◆大安(たいあん)

カレンダーにもよく大安・仏滅・友引と書かれているので、名前を知っている方も多いでしょう。この日は「大安吉日」とも言われ、結婚や旅行、そして開店や移転など、何かを始めるのに一番良い日だとされています。そのため、縁起が良いこの日にひな人形を飾るのも良いとされています。

大安は2月中は9・15・20・26と4回チャンスがあります。

 

ひな人形を飾り始める時期はいつ?-実は明確には決まっていない?-

先ほど具体的な日付を挙げましたが、

実際には「この日にひな人形を飾り始めないといけない」というしきたりや、

これさえ守っておけばOKという全国的な決まりはないようです。

 

そして、地域によっても異なります。

 

・お正月明けの1/8に飾り始める地域もあれば、

・北陸や東北地方では、ひな祭り自体が1ヶ月遅れの4/3。

 

とさまざまです。

 

そのため、ひな人形を購入した人形店に問い合わせて、教えてもらった時期に合わせて飾る方も多くおられます。

明確な決まりがあるわけではないので、地域の風習に合わせて柔軟に対応すれば大丈夫です。

 

まとめ

「2018年には、ひな人形をいつから飾るか」という時期やその根拠、具体的な日付や時間帯などについてご紹介してきました。

立春・雨水・大安を基準にして飾っていただくことで、旧来の風習より大きく逸脱する事は避けられます。

また、地域によっても異なります。地域の風習に合わせて飾るようにすれば、まず問題ないと言えます。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • 節分(せつぶん)の意味や由来とは?2018’の節分は2月3日?

  • 2018’東京など首都圏で大雪が降る前に!知っておきたい対策まとめ

  • 2018’七草粥おすすめレシピ9選★春の七草をおいしく楽しむ♪

  • 節分の恵方巻きを食べる時の作法は?2018’恵方はどっち?

  • 卒園式のスーツ服装選び ‘2018トレンドや注意すべきポイントとは?