1. TOP
  2. UVcare-紫外線対策
  3. 2018年版【5分でわかる飲む日焼け止め】効果は?副作用や危険はない?

2018年版【5分でわかる飲む日焼け止め】効果は?副作用や危険はない?

や世の女性にとって紫外線対策は1年中おこなうもの。

そして、紫外線の強くなる季節には、いつものUVケアだけではちょっと不安。工夫の方法もいろいろでSPAやPAが高めの日焼け止めクリームに変えたり、部分的に重ねづけしたり、試行錯誤している方も多いです。

とはいえ、正直、忙しい朝に日焼け止めクリームを塗るのはかなり面倒。さらに気温が上がり汗ばむ季節には顔のメイクも崩れやすくなり、こまめな塗り直しも必要。

とにかく、ちゃんと紫外線対策をやろうとすると、膨大な手間がかかります。

そんな世の中の日焼け止め事情を察してか、近年彗星のごとく登場し、話題なのが「飲む日焼け止めサプリメント」です。

ただ、飲む日焼け止めサプリメントは、飲むだけで手軽に日焼け止めができるのはメリットの一方で、デメリットとして効いてるのかピンとこないという意見もあり、実際のところ賛否両論です。

そんな飲む日焼け止めについて、5分でわかる内容にまとめました。

ぜひ、こちらも参考にこれからの紫外線対策をどうしていくか。改めて検討してみてくださいね。

 

話題の“飲む日焼け止め”。紫外線対策に悩む女性の救世主?

飲む日焼け止めサプリメントは、飲むだけで紫外線カットができる??と、2016年頃からメディアやSNSでも大きく取り上げられるようになってきました。

本当に効果があるなら、まさに紫外線対策に悩む女性の救世主。

ただ、まだまだ口コミも少ない新しい商品だけに、使ってはみたいけど、実際に効果があるのか?気になる方も多い様子です。

 

 

 

 

‘日本でもようやく認知されてきた’飲む日焼け止め。

飲む日焼け止めは、体の内側から日焼けを防止するためのサプリメントで、ヨーロッパやアメリカなどの海外では昔から愛用されています。

そして2016年以降、日本メーカーからもこぞって新作がリリースされるようになりました。海外産のサプリの輸入も引き続き増加傾向にあります。

しかし、海外ではすでに飲む日焼け止めサプリメントがあったにも関わらず、なぜ最近になってようやく日本でも発売をされるようになったのでしょう。

1つの理由として、日本はまだまだ紫外線対策については海外に遅れをとっている。ということが考えられます。

日本は、UVケアやグッズも広く浸透しているイメージがあり、「日本の紫外線対策は遅れている」としたらちょっと意外かもしれません。

ただ、実際に欧米などに赴くと、夏場の紫外線の強さは日本よりはるかに強く感じます。外出時にはサングラスは必須です。目が焼けてしまいます。

私自身、夏場のカナダとオーストラリアに行ったことはありますが、街を歩く人のほぼ9割以上がサングラスをかけていたと思います。

日本の夏も日差しはかなり強いですが、サングラスをかけている人はそこまではいないように感じます。

欧米(海外)の方が紫外線対策に対して進んでいるのは、実際に陽射しが大変強いため紫外線から身を守ることが死活問題だからではないでしょうか。

そして、日本の夏もここ数年、毎年35度を超える猛暑日が続くようになり、いよいよしっかりとした紫外線対策のニーズがより高まってきたという証かもしれません。

 

飲む日焼け止めって結局、何なの?

現在、国産でリリースされている飲む日焼け止めサプリメントは、紫外線を抑制する成分である、以下の3つが主要な成分であることがほとんどです。

▼飲む日焼け止めに主に含まれる成分▼

・ニュートロックスサン

・リコピン

・ビタミンE

こちらニュートロックスサンは、聞きなれない成分かもしれませんが、シトラス果実やローズマリーなどのハーブから抽出された天然ポリフェノールの1種で自然由来の成です。

 

飲む日焼け止めを飲むだけで以下の3つの働きが期待できます。

飲む日焼け止めを摂取することで、期待できる効果は以下の3つです。

▼飲む日焼け止めの服用で期待できるもの▼

・日焼けを軽減する

・メラニンを抑制する

・肌の酸化を防ぐ

紫外線の影響をブロックし肌の炎症をおさえ、さらにシミの原因となる活性酸素の排出を抑えメラニン色素の発生を抑制してくれます。

さらに、肌の酸化を防ぎ、しわやくすみを抑制してくれる働きまで備わっている、まさに女性の美を助けるサプリが登場したというわけです。

また、より好ましいのは「ハイチオンエキス」「システイン」などの成分が配合されているとより良いです。これらの成分は肝機能の働きを促し細胞の新陳代謝を高めることでお肌のターンオーバーが促進されます。

シミやシワの素となる老化成分の排出をより促進しつつ、ニキビや乾燥などの肌トラブルの改善にも好影響があると言われています。

 

飲む日焼け止めの摂取方法

飲む日焼け止めのサプリの特徴を押さえて、効果を最大限に発揮できるように、サプリメントの正しい摂取方法を押さえておきましょう。注意すべきポイントは以下の2つです。

 

▼飲む日焼け止め服用の注意すべきポイント▼

・継続的に摂取すること

・UVケア商品を併用すること

サプリメントは、あくまで栄養補助食品ですので、気を治療する薬(クスリ)とは異なります。

そのため即効性を期待するというよりは、継続して摂取することによって、体に良い影響をもたらすものと考えるべきです。

飲む日焼け止めも同様、毎日決まった量を摂取することが大切で、続けて服用していくことで紫外線の影響を受けにくい身体へと変化していくと言われています。

紫外線がピークとなる日差しが強い真夏の対策をしっかり行いたい場合、効果が出るまである程度の期間を見てください。サプリの力が発揮され始めるまで時間が必要ということです。

真夏のピークに合わせる場合は、だんだん紫外線が強くなってくる5月くらいから飲み始めるといいでしょう。

そして、残念ながら、量をたくさん飲めば、その分効果が高まるというわけでもありません。必ず商品に記載されている用法用量を守って、正しい仕様を心がけいただくことをオススメします。

また、飲む日焼け止めサプリだけで紫外線対策が万全かというと、そういうことではありません。

ダイレクトな紫外線のへのダメージを防御することで、飲む日焼け止めの効果もグンと高まります。

ですので、必ず日焼け止めクリームやUVケア用のファンデーションも使用して直接皮膚を守り、外出前には日傘、帽子などで頭(頭皮)しっかりガードして、あとはを紫外線から保護するサングラスなど、どちらも併用してご使用ください。これで完全防備ですね。

 

誰でも摂取OK?

飲む日焼け止めサプリメントは、新しい商品だけに飲み続けても大丈夫なの? また体への影響も心配。という声もあります。

その他、どんな人でも摂取可能なのか?も気になるところです。特に、

・妊娠中の女性は?

・食品アレルギーがある人は?

この2点についてご紹介いたします。

 

妊娠中の女性

一般的に、妊娠中の女性は産婦人科で処方されたお薬以外の服用はキケンと言われています。しっかりと安全性の確立された薬のみ、処方してもらうことができます。

飲む日焼け止めサプリメントに関しても、まだ研究途上で日本では新しい商品ということもあって、妊娠中の母体への影響などのデータ報告はまだない状況で明確には分かっていないです

(ちなみに市販の薬の多くがまだ胎児や妊娠中の女性への影響について、しっかりと臨床実験されていないため、影響の度合いが未知数というものは多く存在しています。つまり飲む日焼け止めサプリメントが特別に研究が進んでいないわけではないことは補足させていただきます。)

なかには“妊娠中・授乳中の使用は推奨されていません”といった注意書きがされている商品もありますので、注意書きを良く読むようにしてください。

もちろん、市販されている薬やサプリメントの中には、妊婦さんでも摂取できるものもあります。

この場合には、効果・効用の欄などに“妊娠中の女性”と記載されていたり、注意書きとして“妊娠中の女性でも飲用いただけます”というような表現があります。

すべてのサプリメントがNGというわけではありませんので、今後、妊婦さん向けの飲む日焼け止めが発売される可能性も十分にあり得ますね!

食品アレルギーをお持ちの方

飲む日焼け止めの成分は「ヘリオケア」や「PLエキス」「ニュートロックスサン」が主だった成分として挙げられます。

ヘリオケア、PLエキスは、シダ植物由来のフェーンブロックが主成分となっており、ニュートロックスサンは、シトラス果実やローズマリーから抽出されたものです。

また、日本のメーカーの場合は、エビ・カニ由来の成分を使用しているものも少なくないようです。甲殻類に対してアレルギーを持っている場合は、摂取しない方がいいでしょう。

ぜひ、今一度、成分表を注意深く見て選ぶようにしてください。

 

飲む日焼け止めサプリメント、どんな商品があるの?

国内産と海外産の違い

まず、国内産と海外産のサプリメントの違いについて、以下の3つを基準にご紹介します。

▼成分の違い▼

海外産のサプリメントを並行輸入で取り入れている方もいます。お医者さんが患者さんに処方するために取り寄せているケースも多いようですが、実際に含まれる成分は海外産と国内産というよりは製品によって異なります。

▼サイズ感▼

明らかに違う点は、サプリメントのタブレットの「サイズ感」です。海外産のサプリメントは1錠のサイズがとても大きいです。(以下、参考ですがご覧ください)

左:海外産  右: 国内産

海外産サプリは、国産よりも1粒のサイズが大きく、飲むときにノドにひっかかりそうな感じもします。

日本人とくに女性にとっては海外産のサプリメントは飲みにくいと思う方はとても多いです。

ある程度の期間にわたり服用し続けるものになるので「飲みやすさ」は重視すべき点の1つのように思います。

 

▼味(クセの有無)▼

サプリを継続するにあたり、意外とネックなのが味です。

飲む日焼け止めサプリメントは、国産のものついては飲みやすいものばかりでした。

継続して服用することが前提になるため各社その点は考慮しているようです。
ちなみに葉酸サプリなどとは飲みにくいものが多いですね・・。

 

<飲みやすい国内産> 飲む日焼け止めサプリメント6選

さて、実際にどのような製品を元にどのような違いがあるのか。比較をしてみたいと思います。

上記にて記載した3つの観点から、こちらでは国内産のものをいくつかご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

 

太陽に負けないサプリ 飲む日焼け止め【WHITE VEIL~ホワイトヴェール~】


スペインで開発した話題の成分「ニュートロックスサン(R)」配合の日焼け止めサプリメントでは、日本国内で先駆け的な商品です。

というのもインスタグラム(instagram)で人気のモデルさんに愛用者が多く、有名な雑誌への掲載も多いことから「飲む日焼け止めブームの火付け役」となった商品です。

定期コース:初回税込980円(送料無料)。定期コースに回数しばりなし。いつでも解約可能です。

さらに90日間全額返金保証付きと「とりあえずのお試し」には、最適なサービス内容の商品です。


太陽に負けないサプリ 飲む日焼け止め【WHITE VEIL~ホワイトヴェール~】
(※リンク切れの際は、お試しコースの配布が終了している場合がございます※)

 

P.O.L.C(ポルク)

2564

日本製でありながら、アメリカ、フランスで人気NO.1となった飲む日焼け止め。満足率91%と高い満足度で、人気の商品です。

日焼け止め効果の有効成分ニュートラックスサンだけでなく、美肌成分「リコピン」や、ザクロ抽出物、強い抗酸化作用を持つ「クロセチン」「ルテイン」「ヒドロキシチロソール」、「フィッシュ由来コラーゲン」など、

紫外線の吸収を防ぐ、夏の女性の日焼け対策として、オールインワンでお肌の負担をケアする内容になっています。

夏場のオールインワンサプリメントとしても機能性が高いアイテムです。

60粒入り 9,800円

飲む日焼け止めサプリ P.O.L.C.

 

 

【オルト】やかないサプリ

紫外線から肌を守るセラミド、メラニンの生成を抑える美白成分・フィトールを主成分としたサプリメント。

1日1粒の摂取で、7日前から飲む続けることで効果を発揮できるタイプとなっています。

 

公式サイトから注文する場合、定期購入で初回30%OFFとなっており、お得に購入することができます!

30日分 3,067円(税込み)

オルト やかないサプリ

 

【TAKAKO STYLE】the White Shield

皮膚科医監修の飲む日焼け止め+美白+抗酸化成分をたっぷりと含んだサプリメントです。

主な成分はシダ植物の1種、PLエキス末や抗酸化力を高めるビタミンB、C、Eのほか、ビタミンD、L-システインなど。

日光を浴びる30分前に1回2錠、1日2回までの服用となっています。(約4時間、効果が持続)

60粒 5,940円(税込み)

【TAKAKO STYLE】the White Shield

 

【noUV】飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)

アジア人向けに作られた日本製のサプリメントです。国産が安心という方にもオススメです。

美容クリニックの医師が監修しており、ドラッグストアでも広く販売しているため、すぐに摂取したいときにおすすめです。

1回1粒、1日1-3カプセルまでの摂取となっています。

PLエキスに美容成分14種類をプラスしたnoUV Care Whiteもあります。

10粒 1,944円(税込み)

【noUV】飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)

 

ホワイタス

紫外線などの外からの刺激から肌を守ってくれるニュートロックスサン、リコピンのほかに、美白成分であるハイチオンエキス、ブライトニングパインなどを含有しており、加太を白くしたい人にもおすすめのサプリメントです。1日2粒を目安に摂取してください。

定期購入の場合、初回のみ1,980円の特別価格となっています。

 

60粒 通常価格,980円(税込み)

ホワイタス whitas

 

まだ日焼け止めサプリは高い買い物。だからこそ、自分に合った商品を見つけよう!

日焼け止めサプリメントは注目度が高いとはいえ、まだまだ一般的とは言えない新しい商品ですので、口コミやお客様の評価などもあまり見かけません。また実感が得にくそうなイメージもあり、いざ買うとなるとなかなか手が出ないという意見をお持ちの方も多いです。

1つ1つの商品の値段も、やや高額と言えるものが多くなっています。そのため、無理をして買う必要は全くないものと思います。

興味のある方は高い買い物だからこそ、一番効果を十分に発揮できるように使用方法などもしっかりと確認したいところですね。自分に合った飲む日焼け止めを見つけて、予防や対策をしっかり行うことで、夏場の厳しい紫外線も気にせず過ごすことができます。

何より心置きなく夏のレジャー海やプールを始め屋外も場所を問わず楽しめるよう今から準備しておきましょう!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSTYLE | アンチエイジング・メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

INSTYLE 編集部

INSTYLE 編集部

エステや高価なコスメで外見だけ取り繕った美しさより、年齢に寄り添った自然な美しさに魅かれる女性のためのメディアです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2018’smiley(スマイリー)iPhoneケース4選。親子のペアお揃いにもおすすめ。

  • 2018’ペアお揃いiPhoneケース5選。カップルやお友達とのきずなが深まる★

  • 2018’日焼け止めパウダーの選び方+おすすめ商品3選。

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

関連記事

  • スプレータイプの日焼け止めの使い方。使い方次第で塗るより効果あり?

  • 肌バリアが弱い敏感肌さんの紫外線対策。日焼け止めは使ってもOK?

  • 老化の原因の8割が【光老化】?深いシワやたるみを防ぐ紫外線対策とは。

  • 日焼けでお肌がヒリヒリ痛い!日焼け後の正しいケア方法とは?

  • 2018’日焼け止めスプレーの選ぶポイント & おすすめ商品3選

  • 【日焼け止め】SPFは同じでもお値段が高い<安い>の違いは?